海外の排卵検査薬(A-Check)を愛用しました

結婚して5年目にやっと妊娠できた私。

しかし、病院での検査で子宮腺筋症、内膜症、筋腫、全てがあることがわかり、泣く泣く赤ちゃんを諦めなくては行けなくなりました。

腺筋症がかなり進行していて、「よく自然妊娠ができたね」と先生に驚かれました。

病気発覚後、千葉県姉ヶ崎市にある大学病院で開腹手術をして、病巣を取除いてもらいました。

術後6箇月から不妊治療が開始しました。

病巣が再発しないか確認する必要もありましたので、毎月病院に通院して、排卵日も予想してもらっていました。

しかし、手術後もなかなか妊娠できず、排卵促進剤を注射したり、色々試しました。

まや、より妊娠の確立をあげるため、おおよその排卵日がわかったら、排卵日前日、そして排卵日翌日にも病院に通い、排卵したかどうか確認してもらっていました。

仕事をしているため、毎月の通院がとても大変で、ストレスになって来ていたので、不妊治療を一時休むことにしました。

病院をお休みするなら、薬局で名前と住所などを記入すると排卵指示薬が購入できるので、それを使ってみたらよいのではないかと先生に勧められました。

勇気を出してCheck One fastを購入して、早速排卵予定日に使ってみました。

クッキリと2本線が出て陽性がわかりやすいと感じました。

しかし、1箱に5回検査分しか入っていないんで、1サイクルで1箱使いきってしまい、お金がすごく掛かってしまうことが悩みでした。

出費もかさむので、排卵検査薬を使うのも諦めようと思い、他の方法で排卵日が分からないかインターネットで検索していると、海外の排卵検査薬が購入できることを知りました。

精度は多少落ちるけど、安く購入できると知り、早速購入してみました。

購入したのは、A-Checkです。

A-Checkは排卵2日目ぐらいにクッキリ陽性になり、排卵日に薄くなり、しっかりと排卵日が予想できました。

排卵検査薬を利用し始めてもなかなか妊娠できず、諦めかけていた時に妊娠できました。

1年以上妊娠検査薬を使い続けたので、安価な物を購入して本当に良かったと感じています。

(千葉県木更津市、Miaさん)