国産の安心の排卵検査薬(ドゥーテスト)を使ってみました。

結婚して数年たち、そろそろ子づくりを…と考えていたのですが、なかなか妊娠できずにいました。

何かの病気かとも思って、病院に診察に行ってみたのですが結果はいつも異常なしということだったのです。

それ自体は喜ばしいことだったんですが、私は妊娠したかったので医師に相談してみたところ…

正常な体だって、100%妊娠するわけではないよと言われました。

女性の体はデリケートだから、悩んだり暗い考えに取りつかれてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまうそうです。

あまり思い悩まずに、ポジティブにいきましょうと諭されました。

ちょっと不安になっていたのでこの言葉はとてもうれしかったです。

その時に、タイミング療法と排卵検査薬の使用をすすめられました。

普通にドラッグストアで売っているとのことだったので、病院の帰りにさっそく立ち寄って見ました。

置いてある場所がわからなかったので、お店の人に聞いてしまいました。

薬剤師さんの説明を受けて、購入できました。

購入したのはドゥーテスト。

国産だったので安心です。

使用してみたところ、2秒尿をかけて5分待てば、じわーっと結果が浮き出てきます。

とても簡単で、検査結果も見やすかったです。

7本入って3000円くらいだったので、続けられそうな値段だと思いました。

(埼玉県さいたま市 SAさん)




尿をかけて5分で排卵日がわかる排卵検査薬

一時期、排卵検査薬を使用していたことがあります。

排卵検査薬は、月1回の排卵日をより確実に判定できるという検査薬です。

排卵後の24時間以内が一番妊娠しやすいのだそうです。

排卵日を確実に知るために、使い始めました。

排卵検査薬は、日本製のものと海外製ものがあります。

海外のものは安くて購入しやすかったのですが、日本製の方が精度が高いのではないかと思い、そちらを選びました。

ロート製薬のドゥーテストLHという商品です。

ネット通販で購入していました。

7回分が2800円ぐらいでした。

7回分といっても、排卵検査薬は、1回の排卵日を知るのに数日間続けて使用する必要があるので、7回分を1度に使う量だと考えた方がいいです。

もちろん、排卵を確認できた時点で、検査薬の使用は必要なくなるので、毎回7日連続で行うことはありません。

海外製の方が断然安く済みますが、精度の高さや確実性を求めるなら日本製の方がいいと思います。

ドゥーテストの検査法は、スティック状の先端に尿をかける形で行います。

紙コップに尿を採取してつけてもいいそうです。

5分後に結果が出ます。

検査を開始する日は説明書だと、生理予定日の17日前からとなっていました。

おおよそ、自分の生理周期を把握していることも大切なので、基礎体温も測っていました。

(愛知県 にこちゃんさん)