排卵検査薬はどこで売っているの

排卵検査薬はどこで売っているのとよく聞かれます。

2009年の薬事法改正によって、排卵検査薬の購入方法が大きく変わりました。

排卵検査薬が「一般用医薬品」から「医療用医薬品」となったからです。

「医療用医薬品」は、病院・調剤薬局・調剤可能なドラッグストアでしか排卵検査薬を販売することができません。

また排卵検査薬を調剤室内に保管する必要があるので、購入者の手の届く場所に排卵検査薬は陳列されていません。

そのため、排卵検査薬を購入する場合は、薬剤師に声をかけ、排卵検査薬を出してもらう必要があるのです。

薬局には製品の説明義務があるため、初めて使用する場合は、使用方法についての説明を受けることになります。

自分で陳列棚の排卵検査薬を選び、会計を済ませることができていた頃に比べると、ずいぶん購入するのにハードルが上がりました。

妊娠や出産に関することは、とてもデリケートなことなのに、薬局で排卵検査薬を購入するには、必ず薬剤師と顔を合わさなくてはなりません。

国内メーカーの排卵検査薬は、ネット販売が禁止されています。

そのため、国内製の排卵検査薬を購入するには、直接調剤薬局などに行くしか方法がないのです。

排卵検査薬がどこで買えるのか分からない方のために、各メーカーは公式ホームページで取扱店舗を紹介しています。

・排卵日検査薬 ドゥーテストLh ロート製薬
http://jp.rohto.com/dotest-lh/pg/shop/

・排卵日検査薬 チェックワンLHデジタル・チェックワンLH・Ⅱ 株式会社アラクス
http://www.arax.co.jp/d_store/index.html

・排卵日検査薬 p-チェック・LH ミズホメディー
http://www.mizuho-m.co.jp/lh_list/lh_list_japan_map.html

また、お客様相談室に問い合わせることもできます。

取扱店舗であっても、いつも必ず排卵検査薬の在庫があるとは限りません。

特にまとめ買いを希望する場合は、事前に取り置きをお願いしておくと安心ですね。

調剤薬局の場合は、薬剤師が不在ということはないと思いますが、調剤併設のドラッグストアは注意が必要です。

ドラッグストア自体は夜遅くまで営業しているとしても、調剤は夕方6~7時頃に業務を終了している場合があります。

薬剤師が不在の場合、たとえ排卵検査薬の在庫があったとしても、販売することができないのです。

大切な排卵のタイミングを見逃さないように、必要なときには必ず手元に排卵検査薬を準備しておくといいですね。

(徳島県 T.Sさん)