排卵検査薬ならLuckytestが正確で、高感度です。

不妊に悩んでいる人が一度はやっておきたいのが排卵日を知っておく事なのでは無いでしょうか?

しかし、排卵検査薬は沢山存在していて一体何がいいのか迷ってしまいますよね?

そんなときに是非使って欲しい排卵検査薬が「Luckytest」です!

Luckytestは世界中で販売されている排卵検査薬でその売上は世界販売実績No.1を誇る超大人気商品です。

その輸出の幅はなんと世界80ヶ国とかなり幅が広く、世界中の医療機関で使用されているのです。

米医薬品局(FDA)認可済み、EU認証を取得している商品なので外国産ではありますがその信頼性・安全性に関しては抜群です。

Luckytestの最大のうりはとにかく正確であることだそうです。

Luckytestの排卵検査薬は検出感度(25mIU/mL)と非常に高い感度を誇っていて、その検査精度は99%以上という破格の数字です。

パッケージは英語でそこに使い方の説明や判定図もあるのですが、Luckytestの商品は日本語版の使用説明書も付属しています。

コレだったら、外国産でも不安にならずにきちんと使い方を理解した上で利用する事が出来ますよね!

紙のものとスティックのものがあるので品質・検出感度は全く変わらないので自分に合った物を選択して使用してみてくださいね!

(兵庫県・尼崎市 葵さん)




値段の安い海外製の排卵検査薬Luckytestがおすすめです。

子供をなかなか授かれないので、不妊治療外来に通いはじめました。

医師から、卵管が詰まっていたので上手く通るように処置を行なってもらい、最初はタイミング法で始めてみましょうと提案されました。

タイミング法とは、排卵検査薬を使いながら排卵日を調べ、排卵した後2~3日に性交を必ず行なうと言う方法でした。

排卵検査薬は病院では処方していただけないので、薬局に行き妊娠検査薬はあっても、なかなか排卵検査薬を置いているところが少なかったのですが、やっと探しあてて、ドゥーテストLH 7日分を購入しました。

お値段は約2700円ぐらいです。

1日にすると1本385円とかなり割高です。

排卵検査には通常5~7日猶予が必要なので致し方ない。

排卵検査薬説明書を読みながら指示通り行い、医師の方法で実行したのですが生理が来てしまい、断念しまたい。

翌月は、また違うメーカーのがいいのかもと勝手な考えで、チェックワンLH・2の10本入り3500円で購入しました。

こちらは1本辺り350円ですので、前回のドゥーテストLHよりは少しお得です。

期待を込めたのですが、やはり生理がやってきてしまいました。

医師に半年続けて無理なら人工授精にステップアップしましょうと診断され、毎回、排卵検査薬にこんなにお金はかけれないとネットで探したら海外の検査薬を発見しました。

Luckytest 排卵検査薬50本で3850円です。

値段の違いは素材で、今まで使っていた日本製はプラスチック容器に入っているので、尿をかけたあと、ケースにしまえるのですが、安い方はリトマス紙を少し厚めにしたようなものなので、尿をかけてからの保管場所に困りました。

でも安いにこしたことはないので、3周期頑張りました。

結局、タイミング法で妊娠することはできなかったので、体調を整え、人工授精し、無事妊娠しました。

(埼玉県 春日部市 さあやさん)




排卵日をなんとなく把握するために排卵検査薬は必要と思います。

結婚して半年。

どうしても早く妊娠したくて、友達からのおすすめで排卵検査薬をネットで探すことになりました。

友達からは、「半年くらいで焦らなくてもいいんじゃない?」と何度も言われたけど、30歳で、子供3人欲しいとなると、やっぱりもうできてないとまずい。。。と相当焦っていました。

「中国製」と「アメリカ製」があるけど、「アメリカ製」の方がいいと言われていたので、アメリカ製の「ラッキーテスト」を購入しました。

早く子供ができたらいいなと思う一方、そんなにすぐはできないかもな。。。と50本注文しました。

おまけで5本付いてきたのは良かったです。

入金の2日後にはラッキーテストが到着したので、結構早く着いた印象で、気分上々!

アプリなどで排卵日近辺を確認し、その4日前後の毎日夜に使用しました。

うっすら陽性反応が出たら、旦那に「今日だよ」と伝えて性交・・・。

4ヶ月続けて、妊娠しなかったので、もう疲れてしまい、ラッキーテストの使用をやめることになりました。

ピンポイントで「今日ね!」という生活に嫌気がさしてきていたんだと思います。

アプリの排卵日と、ラッキーテストを使用して反応が出やすい日をなんとなく把握できていたので、毎月、そのあたりを狙って、「だいたいこの辺りの日程ね」と伝え、それから3ヶ月目でやっと妊娠しました。

「今日ね!」より、「だいたいこのあたりね!」のほうが、夫婦ともに負担が少なかったのも大きいと思います。

「今日ね!」だと義務感も発生して、なんとなくお互いに性交も楽しめていなく、やめてからは、性交を楽しめることの方が多かったことを覚えています。

一般的には不妊とは言えないかもしれないけれど、私には相当苦痛な日々でした。

ラッキーテストなどの排卵検査薬は、絶対に使った方がいい!とは言えないけど、自分の排卵のタイミングをはかるのには、役に立った気がします。

周りに不妊で困っている子がいたら、体験談を教えて行けたらなと思っています。

(千葉県柏市 村田ももこさん)