福さん式の排卵日の計算方法

排卵日を計算するときにメジャーなものといえば、オギノ式が真っ先に思い浮かびます。

ちなみにオギノ式は、生理後から次の生理予定日の前、12日から16日までの5日間のうちに排卵日が来るというものです。

生理が2~3日ずれることはよくあるので、正確性はあまり高くないと思います。

あくまで目安の排卵日の計算ということみたいです。

便利なのが、インターネットの無料サイトで生理日を入力して、排卵予定日を算出する方法です。

今回久しぶりに排卵日を調べようとしたら、知らないワードを見つけました。

みなさんは、福さん式ってご存じですか?

福さん式は元助産師の「福さん」という方が公開した、自己内診による排卵日特定法だそうです。

自己内診という言葉通り、自分の指を膣内に入れ、おりものや子宮口の状態を確認して、妊娠しやすい時期(排卵日前後)かどうかを調べるという方法だそうです。

これをインターネットで見たとき、いやいや、あそこに指入れるの?と思った私は遅れているんでしょうか?

ちなみに子宮口の様子をみるときのポイントは、位置や開き具合、硬さだそうです。

排卵日の2、3日前の子宮口はゆるく開いていて、下の方まで下がって来ているらしいです。

子宮の感触としては、柔らかくなっているそうです。

それを知るために、生理が終わった後に、お風呂などで普段から自分の子宮に指を入れて、子宮の様子を確認しましょうということらしいです。

福さん式を実践なさる方は、感染症などに注意していただきたいと思います。

福さん式の排卵日の計算方法は画期的だとは思いましたが、それなら私は下着についたおりものでチェックする方法をおすすめしたいです。

生理直後はサラっとして粘り気がないものが少量出ている状態ですが、排卵の1週間から前日はおりものの量が増えてきます。

状態としては透明で水っぽく、卵白のようなオリモノになります。

指でつまむとトロッと伸びてきます。

体感としては、このトロッとしたときが排卵日かな、という感じがします。

私はこの福さん式のオリモノのチェックで、子供2人を妊娠しました。

(山形県 ハンナさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です