排卵検査薬はどこで売っているの

排卵検査薬はどこで売っているのとよく聞かれます。

2009年の薬事法改正によって、排卵検査薬の購入方法が大きく変わりました。

排卵検査薬が「一般用医薬品」から「医療用医薬品」となったからです。

「医療用医薬品」は、病院・調剤薬局・調剤可能なドラッグストアでしか排卵検査薬を販売することができません。

また排卵検査薬を調剤室内に保管する必要があるので、購入者の手の届く場所に排卵検査薬は陳列されていません。

そのため、排卵検査薬を購入する場合は、薬剤師に声をかけ、排卵検査薬を出してもらう必要があるのです。

薬局には製品の説明義務があるため、初めて使用する場合は、使用方法についての説明を受けることになります。

自分で陳列棚の排卵検査薬を選び、会計を済ませることができていた頃に比べると、ずいぶん購入するのにハードルが上がりました。

妊娠や出産に関することは、とてもデリケートなことなのに、薬局で排卵検査薬を購入するには、必ず薬剤師と顔を合わさなくてはなりません。

国内メーカーの排卵検査薬は、ネット販売が禁止されています。

そのため、国内製の排卵検査薬を購入するには、直接調剤薬局などに行くしか方法がないのです。

排卵検査薬がどこで買えるのか分からない方のために、各メーカーは公式ホームページで取扱店舗を紹介しています。

・排卵日検査薬 ドゥーテストLh ロート製薬
http://jp.rohto.com/dotest-lh/pg/shop/

・排卵日検査薬 チェックワンLHデジタル・チェックワンLH・Ⅱ 株式会社アラクス
http://www.arax.co.jp/d_store/index.html

・排卵日検査薬 p-チェック・LH ミズホメディー
http://www.mizuho-m.co.jp/lh_list/lh_list_japan_map.html

また、お客様相談室に問い合わせることもできます。

取扱店舗であっても、いつも必ず排卵検査薬の在庫があるとは限りません。

特にまとめ買いを希望する場合は、事前に取り置きをお願いしておくと安心ですね。

調剤薬局の場合は、薬剤師が不在ということはないと思いますが、調剤併設のドラッグストアは注意が必要です。

ドラッグストア自体は夜遅くまで営業しているとしても、調剤は夕方6~7時頃に業務を終了している場合があります。

薬剤師が不在の場合、たとえ排卵検査薬の在庫があったとしても、販売することができないのです。

大切な排卵のタイミングを見逃さないように、必要なときには必ず手元に排卵検査薬を準備しておくといいですね。

(徳島県 T.Sさん)




排卵検査薬の購入できるところは3カ所!通販サイト・産婦人科・薬局です。

排卵検査薬とは妊娠したい妊活中の女性にとって、とても重要なものです。

排卵日というのは生理周期の中で一回しかタイミングがないために、排卵日を知るのは妊活にとってとても重要なことです。

排卵日を狙って性交渉することで妊娠が期待できからです。

ではこの排卵検査薬はどこで購入できるのでしょうか。

ドラッグストアーに行っても妊娠検査薬は売っていても、排卵検査薬は売っていないので、

・排卵検査薬はどこで買える?
・排卵検査薬はどこで売ってる?
・排卵検査薬はどこで購入?

という質問をたくさんいただきます。

排卵検査薬を購入する方法は3つあります。

排卵検査薬の購入先 通販サイト

先ず一つの方法は、

通販で排卵検査薬を購入するということです。

インターネットで検索するとたくさん通販サイトが出てきます。

また排卵検査薬の感度のよさの違い、使用できる期間の違いもあるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまうほどです。

しかし通販の良いところは、まとめて注文できるところです。

またまとめて注文をすると割引がきいたり、ポイントが付くためにお得感があるのです。

また選ぶのに迷ったら、口コミなどを検索して参考にすることもできます。

インターネットは外国製のものも多いのが特徴です。

排卵検査薬の購入先 産婦人科

次の方法は、産婦人科で購入する方法です。

妊活中産婦人科には通ってない人もいるでしょう。

また不妊治療などで産婦人科に定期的に通っている人もいるでしょう。

どちらにしても産婦人科では排卵検査薬を使用して排卵日かどうかをチェックします。

そのために希望があれば、その排卵検査薬を購入することもできるのです。

通販などに比べて少し価格は高くなります。

排卵検査薬の購入先 薬局

最後の3つ目の方法は、薬局で購入することです。

薬局と言ってもドラッグストアではなく薬剤師のいるような調剤薬局ですね。

しかしすべての薬局に置いてあるわけではありません。

一番可能性があるのは、産婦人科系の病院のある近くの調剤薬局でしょう。

もしも排卵検査薬をおいていない場合は、取り寄せも可能です。

ここで住所、名前などを記入して排卵検査薬の購入が可能です。

(マレーシア、 ひろさん)




福さん式の排卵日の計算方法

排卵日を計算するときにメジャーなものといえば、オギノ式が真っ先に思い浮かびます。

ちなみにオギノ式は、生理後から次の生理予定日の前、12日から16日までの5日間のうちに排卵日が来るというものです。

生理が2~3日ずれることはよくあるので、正確性はあまり高くないと思います。

あくまで目安の排卵日の計算ということみたいです。

便利なのが、インターネットの無料サイトで生理日を入力して、排卵予定日を算出する方法です。

今回久しぶりに排卵日を調べようとしたら、知らないワードを見つけました。

みなさんは、福さん式ってご存じですか?

福さん式は元助産師の「福さん」という方が公開した、自己内診による排卵日特定法だそうです。

自己内診という言葉通り、自分の指を膣内に入れ、おりものや子宮口の状態を確認して、妊娠しやすい時期(排卵日前後)かどうかを調べるという方法だそうです。

これをインターネットで見たとき、いやいや、あそこに指入れるの?と思った私は遅れているんでしょうか?

ちなみに子宮口の様子をみるときのポイントは、位置や開き具合、硬さだそうです。

排卵日の2、3日前の子宮口はゆるく開いていて、下の方まで下がって来ているらしいです。

子宮の感触としては、柔らかくなっているそうです。

それを知るために、生理が終わった後に、お風呂などで普段から自分の子宮に指を入れて、子宮の様子を確認しましょうということらしいです。

福さん式を実践なさる方は、感染症などに注意していただきたいと思います。

福さん式の排卵日の計算方法は画期的だとは思いましたが、それなら私は下着についたおりものでチェックする方法をおすすめしたいです。

生理直後はサラっとして粘り気がないものが少量出ている状態ですが、排卵の1週間から前日はおりものの量が増えてきます。

状態としては透明で水っぽく、卵白のようなオリモノになります。

指でつまむとトロッと伸びてきます。

体感としては、このトロッとしたときが排卵日かな、という感じがします。

私はこの福さん式のオリモノのチェックで、子供2人を妊娠しました。

(山形県 ハンナさん)