排卵日検査薬は海外のものは値段が安くて簡単に使えるそうです。

二人目の妊娠を考えていて妊活を始めました。

その際、友人のアドバイスで排卵検査薬を使ってみることにしました。

使用したのが、その薬局においてあったロート製薬のドゥーテストという製品でした。

二つくらいしか選択肢がなかったのですが、そのなかでたくさん積んであった排卵検査薬を購入しました。

棚に並んでいたのは空き箱であって、実際にはレジのところで専門の薬剤師に使用方法など話を聞いてから購入することになります。

その当時はそこまで妊活という言葉も知られていなかったので、購入するのがちょっと恥ずかしかったです。

7回分がセットになっていて、排卵日の一日前にわかるというものでした。

私は生理周期が比較的わかりやすいほうですので、7日分を購入しました。

インターネットで調べると海外のものですとたくさん入っているので、生理周期がわからない人は何度も使用が考えられるためそちらを使ったほうがいいようです。

尿をかけるだけですので、使う際も簡単です。

尿をかけるとマークが出てきて排卵日がわかるようになっています。

妊娠するまでに何箱も使用する人もいますが、私は、2~3か月使っただけで妊娠することができました。

排卵検査薬はインターネットで購入する人も多いというように見ました。

でも、妊娠検査薬と同じような感じで、少し照れくさいのですが簡単に購入できるのだなあと思いました。

私が買ったのは、ショッピングモールにある普通の薬局でした。

(熊本県菊池郡菊陽町 やすらんさん)




ワンステップ排卵日検査薬でばっちり妊娠しました。

ワンステップ排卵検査薬を使って二人目までばっちり妊娠できました。

排卵検査薬で排卵日を特定できるのがとてもいいです。

一番良かったのは排卵近くになると同じ時間帯に実施したことで妊娠しやすくなることです。

まず、ひと箱は試した方が効果がわかると思います。

検査薬は尿中に含まれる黄体形成ホルモンの濃度といわれていますので、濃い状態のLHホルモンを検知して、陽性反応をしますので、排卵日を予測すると聞きました。

もちろん基礎体温を知っていなければはじまりません。

私の場合基礎体温がよくわからず、最低体温日がわからないため、毎月生理開始日から10日経過したら、毎日ワンステップ排卵検査薬を使用していました。

そして、排卵日の前日と前々日の性交が最も妊娠の確率4倍にもなると聞きました。

病院に通っている時も、先生は、妊娠しやすいタイミングは排卵日ではなく、排卵日の2日前がいいと教えてくれました。

どうしても赤ちゃんがほしくて夫婦で相談にいった時のことを思い出しました。

今は、法律で、調剤薬局を掲げている薬局もしくはドラッグストアーへ行かないと購入できないので、最寄りのお店で聞いて買いました。

私の友人は、通販で購入できる排卵検査薬があるといいました。

でも、海外製ですから、何か問題が起こったとしても全て自己責任になるけどねといいながら買っていました。

購入の際に何らかのトラブルが起こるという可能性もありますので、私は近所の調剤薬局しか利用しませんでした。

でも日本製のものよりも値段が安く済む上に内容量が多いということも、通販が人気な理由だと友人は説明してくれました。

最初の子供も、これでばっちり妊娠しましたので今回も近所の調剤薬局で購入して、二人目をねらいます。

(大阪府茨城市 にんにんぷさん)