コストが安い海外製の排卵検査薬がおすすめです

結婚した年齢が遅かったこともあり、すでに高齢出産の年齢に近い状態でした。

そのため、「子作り」を早急にする必要がありました。

でも、産婦人科に通うなどの妊活は費用が掛かりそうだったので、排卵検査薬をしようとしてタイミング法での妊娠を望みました。

排卵検査薬の購入は、ネット通販からです。

日本製のものから海外製のものまで入手することが可能です。

はじめは日本製の「排卵検査薬ドゥーテスト」を利用しました。

7回分で3000円で、一回当たりのコストは430円ぐらいです。

価格は海外製のものに比べ高いのですが、日本製のほうが信頼できたので使用していました。

でも、なかなか妊娠することができなかったため、コスト削減のために、次に使用したのはアメリカ製「ワンステップ排卵検査薬」です。

50回分で日本製と同じ価格なのですごくお得なんです。

一回当たりのコストはなんと100円という安さです。

使用法も日本製と同じで、尿をかけるだけで尿中のLHサージを調べることで排卵日を特定できます。

ワンステップ排卵検査薬は日本国内にカスタマセンターもあり、取扱説明書も日本語で書かれているので安心でした。

でも、日本製に比べると判定結果が、少しわかりずらいというデメリットもありました。

安いので仕方がありませんが、正直「ん?」と思うことも何度か経験し、2本目を使用してしまったこともあります。

また、排卵検査薬を使用してのタイミング法での妊娠を成功に導くためには基礎体温を知ることも大切です。

私は毎朝、決まった時間に体温を測ってノートに記入していました。

基礎体温でも排卵日を測定できると成功率が高まると思います。

結果的には、この方法を実践して1年半後に無事妊娠し子供を授かることができました。

コストも安い、「排卵検査薬」を使用した妊活はおすすめです。

(岐阜県多治見市旭ヶ丘町 まるともさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です