組み合わせることでより正確に排卵日を知ることができました。

私達は子どもが欲しいと思ってから、なるべく早く妊娠できたらいいなと考えていたのでそのために準備をしてからの妊活スタートでした。

妊活で最も大事になってくるのが排卵日を知ることです。

この日が予測できると妊娠の確率はぐっと上がるでしょう。

幸いなことに私は生理の周期が規則正しく、ずれても一日前後するくらいの程度だったのでそこから逆算してある程度の排卵日を予想することができました。

予想するという点では一番確かな時期を予想しやすいのですが、絶対という確信が持てないことと、整理周期が不規則な場合は予測が難しいという面もあります。

生活リズムの乱れなどで周期が不規則がちなのであれば、生活の改善が一番早い近道になるかもしれません。

私の場合は周期からの逆算方法に合わせて、妊活では活用することの多いアイテムでもある基礎体温計での体温チェックも行っていました。

良かった点は数字で管理してくれ、予想までしてくれる点です。

しかし、ある程度のデータがたまらないと正確性は低いので、すぐにという使い方では予測機能はあまり使えません。

ただ数字を見てもうすぐ排卵日が来そうとか、昨日、今日が排卵日かもという予想はできますのでこちらも合わせて使うとより効果的かなとは感じていました。

あと一点の方法は参考程度にでしたが、おりもの法です。

おりものの状態変化によって排卵日を知る方法ですが、確かに排卵日前後で状態は変わっていました。

が、体調などによっても違ってきたりするので私の場合はこれだけでの判断は難しいと思い、周期予測と基礎体温と合わせて状態が当てはまったら排卵日の特定がよりこう確率になったなと思うくらいでした。

私の場合はきちんとこれらを調べて活用し始めてから半年はかからずに妊娠しました。

妊活は気持ち的に焦りが出てしまうことも多いですが、リラックスしてタイミングを図るのが一番だと思います。

一点だけの方法で不安を感じるなら、複数の方法を組み合わせることで安心感を得られるのはとても良い方法だったと思います。

(愛媛県 オレンジさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です