排卵検査薬の失敗談!!

私は、排卵日検査薬を避妊のために使い大失敗した経験があります。

元来出来やすい体質、以前服用したピルが体に合わず…というのもあり、新しい発想で(女性健診科に勤めている知人がふと提案したせいもありますが)、排卵日検査薬で「避妊出来るかも!!」と、チャレンジしてみましたが、あっけなく第3子を授かりました。

排卵日検査薬なのですが、生理予定日から逆算して排卵日と思われる日の前後で検査をするも、結果の表示がほぼ変わらず。

「これはどっち?」「反応しているのかしら?」と思う事が何度か有り、確実性という意味では、反応が出てくれれば良いのでしょうが、反応しづらい体質だと、排卵日かどうか見極めがかなり厳しいかと思います(人によって、反応のサインが出辛いことは多々あるらしいです)。

なので、自身は避妊での試用でしたが、逆の立場だったと考えるとかなりの「機会を逃してしまうんじゃないかな?」ともおもいます。

これはあくまで主観ですが、経費的にも安い物ではないので、排卵日のタイミング、体質的なリスクを考慮すると、もっと別な方法(基礎体温とか)と併用していろんな方向性から見れるようにしないと、排卵の確証には至らないのかな?とも思いました。

あと、生理が不規則な人は検査のタイミングを逃してしまうので、皆が皆、これで!という安定性は少ないかもしれませんね。

その割にコストが高いので、継続しての試用は中々億劫なのではないでしょうか?もう少し確実性や試用できる日程の幅が広がればまた違うかも知れませんが。

(神奈川県川崎市  のんこさん)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です