排卵検査薬の購入方法は処方箋をやってる薬局で購入すること

排卵検査薬の購入場所は基本的には薬局です。

初めは友達に聞いて、友達が買った薬局へ行って買ったので、すぐ買えましたが、次は家の近くの薬局へ行きましたら、「排卵検査薬は扱ってません」と言われ、違う薬局へ行っても「扱ってません」と言われました。

そこで「処方箋をやってる薬局でしか排卵検査薬は扱えないんですよ」と教えて頂いて、処方箋を扱ってる薬局へ行って購入しました。

そこでは、購入時に住所と名前を書かされました。

1軒目は書かなかったので、個人情報書くの嫌だなぁ〜っと思って聞いてみたら、「決まりですよ」って。

薬事法ってのがあるらしいです。

1軒目はすぐ買えたのに…。

と言う感じで、排卵検査薬はどこでも売ってるわけではありません。

処方箋を扱ってる薬剤師がいる薬局で、個人情報を記入して初めて購入できる。

と言う、薬品なんですね。

排卵検査薬と言うものを買うだけでも初めての時は、なんだかドキドキと言うか、いい気分での買い物じゃなかったのに、個人情報記入となると買いにくい物だな〜と思った覚えがあります。

でも、全然大丈夫!結構、排卵検査薬を使ってる人多いし。

妊娠希望の方も避妊してる方も、自分の排卵状況を知るって大切ですよね。

それで私は子供を授かりました。

自分の排卵状況を知るには何回も排卵検査薬を使いましたけど。

ただ、100%的中するわけではないので、避妊の方は特に信用しすぎるのは危険ですね。

これから排卵検査薬を購入を考えてる方、処方箋を扱ってる薬剤師のいる薬局へ行って個人情報を記入して購入して下さい。

(大阪府 shimaさん)




排卵検査薬はどこで買えるの

排卵検査薬、妊娠検査薬と同じで検査薬ってついているんだから、ドラッグストアへ行けば買えるのかなあ?と思いますよね。

でも実はあまりドラッグストアでも見かけなかったりします。

排卵検査薬は日本製、海外製などあり、使い切りタイプやデジタルタイプなどいくつかあります。

日本製の排卵検査薬ならドラッグストアでとりあえず簡単に買えるのではないか、と思いますが、なんと置いてあるドラッグストアと置いてないドラッグストアがあったりするのです。

メーカーによる場合もあり、使い切りタイプのものしかない、など欲しい排卵検査薬が置いていないこともあります。

ドラッグストアーの場合、薬剤師がいないと買うことができないので、常駐している時間に買いに行かなくてはならないことも不便です。

せっかく遠くのドラッグストアへ行ったのに、薬剤師が不在で何度も無駄足を踏まされたりします。

排卵検査薬があっても、敷居が高くて薬事法のせいで、購入時に住所氏名を書かされたりしたこともありました。

しかも排卵検査薬の値段も高い。

そんな買うのに不便を感じる排卵検査薬ですが、やはり便利に買うことができる、といえば、排卵検査薬は通販で購入してしまうほうが早いです。

通販なら、ドラッグストアなどには置いていない、安い海外製のものも買いやすいのです。

店頭で買おうとすると、まずそんなに種類がないので選びようがないですが、通販ならいろいろ見て、ベストを選び抜くことができます。

それに、排卵検査薬は何度も購入することになりやすいです。

自分の排卵期が完璧にわかる人ってそんなにいないと思います。

そのため、妊娠するまで何回か排卵検査薬を購入したりするのですが、通販なら手軽に排卵検査薬を買えて、まず安い排卵検査薬がいいですよね。

いちいち、何度もお店に行って排卵検査薬を買うのに、抵抗ある人も多いはずです。

何度も使うことを考えれば、通販でお安い排卵検査薬を買うほうが断然いいです。

排卵検査薬は、通販で安く買うのをおすすめします。

(埼玉県 みみこさん)




排卵日前後の不調、不快な症状について

私の排卵日の症状は
・オリモノが増えて、粘度が高くなる
・下腹部痛
・頭痛
・精神的な不調
・食べすぎ
・ストレス
です。

では、ひとつひとつ私の排卵日の症状について説明していきます。

排卵日の症状 オリモノが増え、粘度が高くなる

排卵日前後に起こりやすい症状として分かりやすいものは、オリモノの状態の変化です。

排卵日前後になるとオリモノの量が増え、粘土が高くなります。

指でオリモノを触るとピーンと10センチほど伸びる感じです。

オリモノの量がとても増えるので、下着が常に濡れている感じがしてすごく気持ち悪いです。

オリモノシートを使わないといれないほど不快です。

排卵日の症状 下腹部痛

また、排卵日の前後になると下腹部が痛くなります。

毎回、軽く下腹部が痛みますが、たまにしゃがみこんでしまうくらいの強い痛みが襲ってきます。

その時は息が出来ないほどの痛みで、5秒から10秒ほど続きます。

子宮がキューっと絞められるような痛みです。

排卵日の症状 頭痛

また、頭痛もあります。

元々頭痛持ちなのですが、排卵日前後には肩のこわばりから来るような頭痛がします。

早めに頭痛の対処しないと後々ひどくなり薬も効かなくなるので、痛くなったらわりとためらわずに薬を飲むようにします。

排卵日の症状 精神的な不調

精神的にも不調になりやすいです。

普段は平気な事でもすごくイライラしやすかったり、人間関係のこと、家族の事で不安な事があるとその思いや考えが強くなったりします。

マイナス思考になり、人とぶつかったりしてしまう事もあります。

また、なんでもなのに、本当にちょっとした事で涙が出てきたり何をしても元気が出ないといった感じです。

毎月起こるので、カレンダーをみて排卵日前後だと確認しておくと理由が分かるので割り切れますが、忘れていたりすると、なんでこんなに苦しいのだろうと思います。

排卵日の症状 食べ過ぎ

そして、精神的な不調から、食べ過ぎる傾向もあります。

甘い物が食べたくなったり、外食してたくさん美味しいものを食べたいと思います。

排卵日の症状 ストレス

ストレスが溜まり、食に走る事でイライラのエネルギーを発散させようとしているような気がします。

そういう時はあまり無理をしないようにします。

以上が私の排卵日の症状です。

みなさんも排卵日の前後にこのような症状があった時は、排卵日が来たかと思い、あまり心配などしない方がいいかと思います。

(石川県 マロンさん)




おりものの状態で排卵日を予測していました。

なんとなく習慣で毎朝基礎体温を測っていましたが、数年やっているうちにだんだん面倒に感じていました。

特に生理不順でもないし、もう基礎体温を毎朝測るのはやめようかなーと考え始めていた頃、ふとあることに気付きました。

私はお風呂の時に、お恥ずかしながら膣の中まで軽くほじって洗う癖があり、その時毎日おりものの様子をチェックしていたのです。

「今日はサラサラだな」「今日は酸っぱい臭いが強いな」など、確かめたからといって書き留めるわけでもなく、本当に何気なくチェックしていました。

そこで、おりものも経血も同じところから出てくるものだから、何か関係があるんじゃないかと思い、毎日のおりものチェックに合わせて基礎体温ももうしばらく続け、統計をとってみるとこにしました。

まず、生理が完全に終わって透明のおりものが出るようになってからをスタートとしました。

スタート(生理が完全に終わって)してしばらくは、量は少なく、臭いもキツくなく、比較的サラサラとしたおりものが出ます。

例えると卵白のような状態です。

それから2週目に入る頃、次第におりものの量が増え、色もだんだん白く濁ってきました。

いちばん濁っている時は真っ白な状態で、ヨーグルトのようで、手触りはヨーグルトよりもう少しフワフワした、軽い感触です。

そこから3週目になると今度はまた透明なおりものに戻りました。

しかし粘度が、卵白よりもっと粘っこく、柔らかめのグミのような、ビヨーンと伸びて千切れないほどのしっかりしたおりものでした。

透明ですがほんのり黄みがかった色をしており、臭いは1週目と大差ない程度です。

この粘っこいおりものは1日だけで終わり、次の日から粘度はまた卵白程度に戻りました。

それから1週間ほど経った時、生理がきました。

基礎体温も合わせて考えてみると、どうやら粘っこいおりものの日が排卵日だったようです。

これに気付いてからは、粘っこいおりものが出たら排卵が終わったものだと捉え、生理がくるまでの1週間程度は避妊具を使わなくても妊娠することはありませんでした。

(北海道 オヨメサンさん)




私の排卵日の計算方法、正確に排卵日を特定したい時は基礎体温法も併用しました。

排卵日の計算方法ですが、最初は生理周期から計算していました。

基礎体温は高温期と低温期の2種類に分かれますが、高温期は基本的に14日間前後ですのでそれを元に排卵日を計算します。

もし、自分の生理周期が28日の場合にはそこから高温期の14日間を引くと排卵日を計算することができます。

生理周期は短かったり、長かったりと個人差がありますが、その場合も自分の生理周期から14日分を引くと排卵日を計算することが出来ちゃいます。

自分で排卵日を計算するのが面倒だなという人は、スマホのアプリなど使うのがお勧めです。

生理周期を入れるだけでカレンダーなどに表示をしてくれるのでとっても簡単です。

私も最初はこの方法で排卵日の計算していましたが、予測している排卵日がずれていることもありました。

高温期は基本的に14日間ですが、個人差があって人によっては数日短かったり長かったりします。

これは分泌されているホルモンの量などで決まります。

正常な状態の人でも、必ず高温期が14日間というわけではなく12日間~16日間の幅があります。

なので生理周期から排卵日計算したとしても多少のずれは仕方がないです。

ただし、妊娠を希望しているときにはピンポイントで排卵日を正確に特定したかったので他の方法も併用しました。

ひとつは基礎体温を測る方法を試しました。

毎日起きたらすぐに基礎体温計を使って体温を計測してグラフ管理しました。

排卵日直前に体温が下がるので排卵の時期を特定することができます。

また、自分の高温期が何日間かチェックすることができます。

自分の高温期が何日間なのか把握することができたら、その日数を使って排卵日を逆算しました。

基礎体温を毎日はかるのは大変だったので、数ヶ月続けてある程度自分のリズムを把握できたらやめました。

以上が私の排卵日の計算方法になります。

(山形県 ハンナさん)




オリモノの変化で排卵日を予測する方法

排卵日の予測はオリモノでするのが確実です。

方法はとても簡単で、オリモノの状態を自分で確認するだけです。

子宮口の付近にあるオリモノの状態をチェックすることで、そろそろ排卵日なのかもう排卵が終ったのかなどがわかります。

まずは自分の手を綺麗に洗いましょう。

手を清潔にしないと感染症などの原因になるので注意が必要です。

爪が長い場合も子宮口を触る場合に傷つけてしまいますので、短くカットしておきましょう。

次に綺麗に洗った手で子宮口の付近のオリモノをとります。

指を2本使って子宮口の口付近のオリモノを掴み取りましょう。

そのまま取り出したオリモノをチェックします。

排卵日のオリモノ

排卵日が近づいているときのオリモノの状態は卵白のようなドロっとした質感をしています。

オリモノの色は透明だったり、白いものがまじっていたりします。

指にとってオリモノを伸ばしてみると、ニョーンとよく伸びるのも排卵日のオリモノの特徴です。

オリモノの量も多くたっぷりありますので、そのようなオリモノが出たら排卵日が近くなっているということがわかります。

もし、オリモノがさらっとした状態だったり、べたついた感じの場合には排卵日は遠い、もしくはもう排卵日は過ぎてしまっていると考えてよいです。

このような方法でオリモノから排卵日を予測することができます。

排卵前はオリモノはさらっとしていますが、排卵直前にはオリモノはドロっとして量が増えてきます。

排卵日後のオリモノ

排卵後は少しずつ量が減ってべとべとした水っぽく透明な状態になります。

このオリモノの変化を毎日観察しておくと大体の排卵日がわかります。

ひとつ注意が必要なのが確実に排卵日を特定したい場合には、子宮口付近のオリモノをチェックすることです。

トイレのときなどに排出されたオリモノで判断すると予測がずれてしまうので注意しましょう。

特に妊娠希望の人が排卵日特定をする場合には子宮口付近のオリモノチェックが有効です。

(山形県 ハスミさん)