赤ちゃんが欲しいと感じたら、まずは排卵日の検査から!!

女性なら誰もが赤ちゃんが欲しいと思うのではないでしょうか?

排卵日を自分で検査する方法には色々ありますが、産婦人科に行って必ず聞かれるのが基礎体温ですね。

基礎体温は計る時間帯などでばらつきが出やすかったりしますが、長期にわたって付けているとその人その人の癖がわかり、おおよその排卵日と生理日がわかってくるのでとても良いと思います。

また、病気なども分かると言われています。

しかし、基礎体温は一目でわかるわけではないので、何度か基礎体温で試しても妊娠しないと、どうしても頼ってしまうのが排卵検査薬です。

私も色々な排卵検査薬に頼りました。

通常の排卵検査薬はおしっこをかけて陽性かどうかを確認するものです。

この排卵検査薬の検査方法は排卵に先駆けて上昇する黄体刺激ホルモン(LHホルモン)量を察知することで、排卵のタイミングを手軽に予測でるというものです。

人気なのはクリアブルー、ドゥーテストやチェックワンが上げられると思います。

以前は薬局で普通に購入出来ていたのですが、現在では薬局方により、医療用医薬品に指定されているため、病院や調剤薬局で氏名、住所、電話番号を登録しないと排卵検査薬を購入出来なくなってしまったのがちょっと不便ですし、購入するのに勇気が必要になってしまいました。

インターネットで海外から排卵検査薬を取り寄せる方法もあります。

海外製排卵検査薬の利点は大量に購入でき、値段が安価であることです。

私の場合は、排卵日2日前から陽性になり、一日前にはかなり濃く、くっきりと陽性、そして排卵が終わったらすぐに陰性になっていました。

最初はなかなか排卵検査薬だけではタイミングが分からなかったので、産婦人科で排卵検査をしながら検査薬との比較をしました。

お陰さまで無事可愛い娘に会うことができました。

薬局での排卵検査薬の購入には少し勇気がいるかもしれませんが、不妊で悩まれている方は是非勇気を出して一歩踏み出して頂ければと思います。

(千葉県木更津市 NonNonさん)